トップページ > 総合案内 > 絶対音感 > 6歳半までにはじめてください

6歳半までにはじめてください


◎江口式の絶対音感トレーニング

【絶対音感プログラム】絶対音感はかつては、生まれつきの才能と思われていましたが現在では訓練によって身につける事ができる幼児の才能開発の一つです。
絶対音感を身につけるには2歳位から始めるのが理想で遅くとも6歳半迄に始めないと身につきません。

幼児期の脳の発達段階をねらって耳の臨界期を迎えるまでに訓練していきますので、右脳の時期(高低などの比較をしない)がチャンスです。
環境による個人差や男女でもかなり違いますので開始時期は急いだ方がよい場合そうでもない場合があります。

実際、親が音楽専門であったりすると訓練ではつきにくいというのもうなずけます。私もわが子では大変苦労致しました。

 科学的な実証と実績で最も信頼できるものは、私の師であり、教育者として最も尊敬する、故江口寿子先生が創始された【江口式絶対音感プログラム】だけです。

『江口式の絶対音感トレーニング』は単音でおこなうピッチ式ではなく、和音で入れていくクローマ(音色)式ですので、出来上がった時に大変音楽的でなおかつ柔軟な絶対音感になるのが特長です。

まずこの絶対音感を持つ人が『今日のオケのピッチは高くて気持ちが悪い』などということはありません。

クローマ式の方ならば『う~ん今日はちょっと高めだな~でも全体的に華やかな感じがしてこういう演奏もおもしろいかな~』と、大らかでいられるはずです。

■料金(特記事項)
絶対音感のみのレッスンはおこなっておりません、必ずリトミックかピアノを併用してください

ページトップへ戻る
Copyright(C) 白金高輪ひとみ音楽教室 All Rights Reserved.